高く売れるレコードのジャンルランキング

レコードの買取といっても色々なジャンルが存在しています。
今回はその中で、買取が高いジャンルについて説明したいと思います。あくまでも全世界的な相場を踏まえての見解ですがセタガヤレコードセンターでも同じ傾向となります。ただ、セタガヤレコードセンターでは世界相場を元に全ジャンル均等な査定を行っている為、タイトルや状態などお品物によって1位より2位のジャンルの方が値段が付くということもあります。
下記に出ていないクラブミュージックやソウル、ワールドミュージックなどあらゆるジャンルで高価買取を行っておりますのでどんなジャンルでもお気軽にご相談ください。

最初に結論を申し上げますと高く売れるレコードのジャンルランキングは

1位 ロック(洋楽)
2位 ジャズ
3位 和ジャズ
4位 ロック(邦楽)
5位 クラシック/歌謡曲

といった順位となります。

1位 ロック(洋楽)

まず1位のロック(洋楽)ですが、圧倒的に人気アーティストの数が多いことが理由にあります。
エルヴィス・プレスリーに始まり、ビートルズ、ローリング・ストーンズ、レッド・ツェッペリン、ピンク・フロイド、キング・クリムゾンなどの1950年代~1970年代の有名ロック・バンド。
その後の年代ではクラッシュ、セックス・ピストルズなどのパンク・ロックバンド。
90年代以降もオアシスなどの有名バンドなど次から次へと中古市場で人気のあるバンドが出てきます。人気アーティストが長きに渡って存在し、次々にレコードをリリースしていることからジャンルとしての裾野が広く、存在するレコードタイトルの数も多いです。
これだけ色々な有名アーティストが存在しているのでロック洋楽が高額買取の1位になるのは自然なことかもしれません。100万円を超える金額で取引されているレコードなど突出した高額盤などがあるのも洋楽ロックの特徴です。

2位 ジャズ

2位のジャズに関してはロックほどタイトル数はありませんが高額盤も多く存在します。その中でもやはりブルーノートの存在が大きいです。BLUE NOTEはタイトル数こそ多くありませんが、キング盤、東芝盤、各国の輸入盤など色々なプレスが存在しているので、タイトル数以上にレコードが出回っています。
ブルーノートのすごいところは買取価格の相場が最低価格でも数百円以上になりと、レコードの買取価格相場としてはダントツの高さを誇っているところです。
これはビートルズでも敵いません(ビートルズは品物によって100円以下のタイトルも存在します)。
ジャズが2位になっているのは、このブルーノート・レーベルの存在が、かなり大きなウエイトを占めています。オリジナル盤が高いのもジャズの特徴で有名なマイルス・デイヴィスのカインド・オブ・ブルーなどは国内盤だと買取価格が数百円に対してオリジナル盤は買取価格数万円とかなりの差があります。この差は音質にこだわるジャズ・コレクターの特徴と言えるかもしれません。

3位 和ジャズ

3位の和ジャズは少し特殊なジャンルで、タイトルによって極端に買取価格の差があると言えます。
和ジャズの代表的なレーベルだとthree blind miceなどがあります。このレーベルのタイトルはどのレコードも最低でも数百円で買取となる為、日本のブルーノートと言っても過言ではありません。
逆に買取査定の安いタイトルも存在していて、いわゆるフュージョンといわれているジャズのジャンルです。
買取相場は1円~10円のものが多くなってきます。わかりやすいアーティストで言うと渡辺貞夫、カシオペア、プリズム、高中正義などが存在しています。
買取相場のランキングで3位になってしまった主な原因はとしては価格の高いタイトルもあるが、それ以上に安いタイトル(フュージョン)が数多く存在するということが大きな理由です。

4位 ロック(邦楽)

4位は邦楽ロックとなります。歌謡曲との分類が難しいですが、ここでは天地真理、松田聖子のようなアイドル的なものを歌謡曲と呼び、はっぴいえんどのようなグループをロックと分けて説明いたします。
近年、「和モノ」と言われるジャンルが世界中で流行っています。ここ最近のレコードの買取価格で1番値段が上がったのが、この「和モノ」というジャンルになります。人気のベースになっているのが山下達郎、大滝詠一などのはっぴいえんど、シュガー・ベイブ絡みのレコードです。
例えば人気の高い大貫妙子はシュガー・ベイブの出身ですし、細野晴臣は、はっぴいえんどの出身です。
上記の関連物以外にも、パンク系などで根強い人気を誇っているタイトルも多く存在します。

5位 クラシック/歌謡曲

5位にはクラシックと歌謡曲を並べました。これらは「高いレコードは存在するが全体から見ると安いレコードが非常に多い」と言えます。レコードを売る際も、あまり期待しないほうが良いかもしれません。
しかし、あくまで安いものが非常に多い、というだけなので限られた一部の中には高く買取出来るものも勿論存在しています。
例えばクラシックの穴場は弦楽といわれているジャンルです。こちらは一部ですが高額買取盤などがかなり存在しておりクラシックレコードの中では人気盤となっています。
また歌謡曲の中では有名なテレサ・テンを筆頭にマイナー盤、自主制作盤などに高いものが存在しています。

いかがでしたでしょうか。勿論ここに出ていないジャンルでも、あらゆるレコードの買取を行っておりますので、レコードをお売りの際はぜひセタガヤレコードセンターへどうぞ。

レコード買い取りサービスのご利用について

すぐに無料で査定します!

買い取れないジャンルはございません
お気軽にご連絡ください

0120-575-577 お問い合わせ・予約フォーム