メニュー

期間限定レコード30%アップキャンペーン
期間限定レコード30%アップキャンペーン
,

BILL EVANS / Sunday At The Village Vanguard

BILL EVANS / Sunday At The Village Vanguard

RLP376/青大/DG オリジナル

買取価格28,000円

ジャンル: ジャズ

子ジャンル: リバーサイド/ジャズランド

※相場は変動しますので記載している買取価格は買取保証額ではございません。

作品紹介

Bill Evans (piano), Scott LaFaro (bass), Paul Motian (drums)

1956年にギタリストMundell Loweの紹介でRiversideと契約し、59年末にデビュー・アルバム『New Jazz Conceptions』を発表。旧友のPaul Motioan、若きScott LaFaroと組んだトリオで、<リズム・セクション>と呼ばれるピアノ・トリオをスタジオ録音作『Portrait In Jazz』、『Waltz For Debby』のライヴ・アルバム等を通して1つのジャズのスタイルとして昇華させました。このライヴの11日後にベーシストのScott LaFaroが交通事故で死去し、その後しばらく録音から遠ざかります。
1961年にリリースされたこのアルバムは、ジャズ史上最高のライブ・レコーディングの1つとして知られています。Village Vanguardで録音された音源からは、元々は1つのアルバムを作成する予定であったとのことですが、このライヴの11日後にベーシストのScott LaFaroが死去。それを受けて、『Sunday at the Village Vanguard』と『Waltz For Debby』の2枚をリリースする運びとなり、第一弾となった本作にはジャケットに『Featuring Scott La Faro』を掲げました。そしてLaFaro作曲の2曲を収録し、録音の3か月後にリリース。Scott LaFaroが存命であったならば、当時『Waltz For Debby』というアルバムはリリースされなかった(それでも未発表音源として後にリリースされたでしょう)。レコードにも色々な<If>が付いて回ります。

○レコード
・青大ラベル
・深溝
・INC. あり

※ジャケットはテクスチャー・カヴァー

Riversideの初版オリジナルに限らず、後発盤でも精査ご査定の上、高価買取させていただいております。
是非、私たち査定のプロにご依頼いただければ幸いです。
よろしくお願い申し上げます。

関連記事

ジャンルから探す

タグから探す

こちらのタグは設置予定です。
今しばらくお待ちください。