メニュー

【雑記第25回】 Blue Noteの未発表音源④ – キングレコードについて 後編

前編より

Bobby HutchersonのBlue Note未発表音源からはじまり、米国LTシリーズときて日本のキング・レコードにおけるBlue Note未発表音源。そろそろこの辺りで一度締めたいと思います。宜しくお願い致します。

キング・レコードの「ブルーノート世界初登場」シリーズからリリースされ、米国のLTシリーズではリリースされなかったタイトルについて幾つかご紹介できればと思います。

●GXF 3053 Grant Green – Matador

録音 May 20, 1964.
Grant Green – guitar
McCoy Tyner – piano
Bob Cranshaw – bass
Elvin Jones – drums

「ブルーノート世界初登場」に3作を残したGrant Greenですが、このシリーズの中でも1、2を争う人気作の“Matador”。McCoy TynerにElvin JonesのJohn Coltraneのリズム隊からの2名を迎えての“My Favorite Things”。

●GXF 3064 Curtis Fuller – Two Bones

録音 January 22, 1958.
Curtis Fuller – trombone
Slide Hampton – trombone
Sonny Clark – piano
George Tucker – bass
Al Harewood – drums

Curtis FullerにSlide Hamptonというトロンボーン2管フロントのクインテット。ピアノはSonny Clarkですが、「ブルーノート世界初登場」シリーズにおいてリーダー作含めて10作にフィーチャーと日本での人気をうかがわせます。ラテン・ジャズ“Fuss Budget”など。

●GXF 3066 Hank Mobley – Poppin’

録音 October 20, 1957.
Hank Mobley – tenor saxophone
Art Farmer – trumpet
Pepper Adams – baritone saxophone
Sonny Clark – piano
Bass – Paul Chambers – bass
Drums – Philly Joe Jones – drums

名盤“BLP 1568”と同年の録音で、Art Farmer、Pepper Adamsとの3管セクステット。テーマで完全に半拍ほどずれにずれ、もたりにもたったドラムにウワモノが乗る“East Of Brooklyn”は唯一無二。

●GXF 3067 Jackie McLean & Tina Brooks – Street Singer

録音 September 1, 1960.
Jackie McLean – alto saxophone
Tina Brooks – tenor saxophone
Blue Mitchell – trumpet
Kenny Drew – piano
Paul Chambers – bass
Art Taylor – drums

Jackie McLeanの“Jackie’s Bag”のB面に収録されたセッションと同日同メンバーで、その“Jackie’s Bag”のB面3曲にアウト・テイク3曲をまとめた1枚。楽曲提供はMcLeanとTina Brooks半々とし、双頭セクステット名義としたもの。Tina Brooksらしいマイナー・ハード・バップ“Medina”など。

●GXF 3072 Tina Brooks – Minor Move

録音 March 16, 1958.
Tina Brooks – tenor saxophone
Lee Morgan – trumpet
Sonny Clark – piano
Bass – Doug Watkins – bass
Drums – Art Blakey – drums

生前のリーダー作は1960年の“True Blue”のみ、Blue Noteにいくつかのサイド作を残すも常に薬物依存と戦い続け、結果61年以降は録音を残せずに夭折してしまったサックス奏者。本録音が実質のBlue Note初リーダー作。マイナー・ラテン・ジャズ“Minor Move”。

これらキング・レコードの「ブルーノート世界初登場」シリーズは国内のみの発売ながら、裏面には英語でのライナーノーツも付き(ちなみに“Sonny Clark / Blues In The Night”のノーツはBen Sidranが担当)、本家の体裁を踏襲した形となっています。

以上、4回に分けました「Blue Noteの未発表音源」特集でした。
お付き合いいただきありがとうございました。