アイドルレコードの買取価格

70年代から80年代にかけてのアイドルブーム、その間には勿論たくさんのアイドルがレコードをリリースしました。その中では希少性が高く今でも人気のタイトルも多数存在します。現在日本国内で最も多く存在しているレコードのジャンルは歌謡曲(JPOP)であり、その中でもアイドル系は群を抜いて多くなっています。
皆さんの中には当時買ったアイドルのレコードが今でも家に眠ってるという方も多いのではないでしょうか。

昭和アイドルの高価買取レコード

昭和アイドルのレコードで高値になるものには特徴が見受けられます。
まずは限定盤、プレミアム盤など当時から希少価値が高かったものです。ただあくまでも当時の価値と現在の価値はイコールでは無い為、一つの指標でしかないとも言えます。当時高かったから今も高いと言うわけではなく、今でも高いという”可能性がある”という点が重要です。
次にジャケットや付属品の保存状態です。他のジャンルで言えば音質や盤の状態が重要ですが、アイドルのレコードの場合はファンにとってのグッズという面もある為ジャケットなどの状態が重視される傾向が強いです。コレクターがレコードよりも付属品のポスター目当てで買う…というようなこともあります。
ただ一部のタイトルにおいては音質によって値段が変わることもあります。松田聖子のマスターサウンド(高音質盤)などが例です。

当時のアイドルのレコードで敢えて最近になって再発されたレコードなどもあります。そういった物も数万円以上で取引されるケースもあり、特にここ数年で発売したレコードではプレミアになっている場合も多く見受けられます。様々な付属品な豪華なバージョンも存在しており、ちゃんと揃っていれば高価買取の可能性もあります。

マイナーアイドルのレコード

長年大量のアイドルが存在している為、誰にも知られずレコードだけが残るようなアイドルも多く存在します。山口百恵やピンクレディー、キャンディーズなどメジャーなアイドルはレコードも沢山作られて多くの人に知れ渡っていますが、ほとんどプレスされず世間に流通されなかったレコードもあります。そういったマイナーなアイドルの曲が今になって再発見され人気が出る。そういうパターンもあるのです。
昨今のいわゆる「和モノ」ブームでは昭和アイドルのドーナツ盤(7インチ、EP)が注目を集め、特にディスコ系のアレンジがされた曲などは思わぬ値段が付くこともあります。
当時人気がなかったからと言って諦めず買取に出してみると、意外と高値買取になる。そんなことも珍しくはありません。お宝アイドルレコードはあなたの家にまだまだ沢山眠っているかもしれないのです。

レコード買い取りサービスのご利用について

すぐに無料で査定します!

買い取れないジャンルはございません
お気軽にご連絡ください

0120-575-577 お問い合わせ・予約フォーム