メニュー

セタガヤレコードセンター
期間限定レコード30%アップキャンペーン
期間限定レコード30%アップキャンペーン

フィル・スペクターのレーベル“PHILLES RECORDS”のオリジナル盤

ウォール・オブ・サウンドと呼ばれるレコーディング手法と楽曲で音楽史において多大な功績を残したフィル・スペクター。
The Teddy Bearsとして活動を開始し「To Know Him Is To Love Him」が全米1位のヒットになるも、すぐにプロデュース業へと移行し、Lester SillとともにPhilles Records(Phil+Lesが由来)を立ち上げます。


The Teddy Bears ‎/ The Teddy Bears Sing!(右側の人がフィル・スペクター)

そこからは前述したウォール・オブ・サウンドで一世を風靡します。
そのサウンドに影響を受けたミュージシャンは数多く、Brian Wilson、John Lennon、George Harrison、Bruce Springsteen、Roy Wood、日本では大滝詠一、山下達郎が有名です。

しかし、薬物使用や奇行も目立つ人物であった彼は晩年、殺人罪で服役し、今年、新型コロナウイルスによる合併症で亡くなられました。
ちょっと陰鬱なかんじになってしまいましたが、気を取り直して今回はPhilles Recordsのオリジナル盤のレコードについて解説させて頂きます。

The Crystals / He’s A Rebel

Philles Recordsの第1弾シングル「There’s No Other (Like My Baby)」(1961年)が収録された1963年リリースのアルバムです。
有名な話ではありますが表題曲の「He’s A Rebel」はグループの最大ヒットなのですが、唄っているのはDarlen Love率いるThe Blossomsです。フィル・スペクターあるあるです。そういったゴタゴタのあれこれは本やネットでさんざん語られておりますのでそちらでご確認頂ければと思います。


擦れて白っぽく見えますが水色ラベルのオリジナル盤です。DG(=深溝)があります。

どうでも良いですけどPhilles Recordsのロゴはロールス・ロイスのエンブレムからとってきてるんでしょうかね…?

The Ronettes / Presenting The Fabulous Ronettes Featuring Veronica

こちらの買取リストにも掲載してある1964年リリースの大名盤。
「Be My Baby」でのHal BlaineによるイントロのドラムはROCK/POPS史においての大定番としても有名です。


リストにも記載のとおり、水色のラベルがオリジナル盤です。DG(=深溝)はありません。
そしてよく見るとグループ名の表記が「RONNETTES」と“N”がひとつ多く誤植されてます。

先に挙げましたThe Crystalsもそうですが、後発のプレスになるとオレンジのラベルへと変わります。

掲載している写真はSTEREO盤ですがMONOもあります。
そしてこちらのラベルだと深溝のある盤も存在します。オリジナル盤じゃないので深追いしません。すいません。

The Ronettesのレコードは今でも非常に人気が高く、後発プレスの盤でも高値で取引されております。
何よりオリジナル盤のタマ数が少なさすぎます。あってもとにかく状態が悪い事が多いです。
ものすごいヒットしてるのにと思いますが、基本的にはシングルヒットがメインですので、アルバムはそこまで無い…のでしょうか?

可能な限り高値で買い取らせて頂きますので、お持ちの方は是非ご連絡いただければ幸いでございます。


>>> レコード高価買取リストは<こちら