メニュー

ジャズ廃盤百景12回 KENNY BURRELL BLUE LIGHTS VOL1&2

9月に買取したレコードからの紹介となります。

今回紹介するのは・・・

KENNY BURRELL BLUE LIGHTS VOL1&2となります。

このレコードはジャズのレコード以上に若き日のANDY WARHOL(アンディ・ウォーホル)が書いたイラストとしてのほうが有名かもしれません。まだ無名時代のアンディ・ウォーホルをジャケット・デザインに起用する辺り、BLUE NOTEのオーナー、アルフレッド・ライオンのセンスに脱帽です(実際はリード・マイルスかもしれませんが)。ちなみに制作は1958年になるので、アンディ・ウォーホルが30歳そこそこの時期です。キャリア的には「まだまだ若手」。ギャラ的にも「けっこうお手頃」だったのではないでしょうか?ケニー・バレルもデビューして、まだ数年。瑞々しさに溢れた傑作です。

廃盤的には、今回紹介する盤はLIBERTY盤ですので、1967年のレイト・プレスとなります。ただ1967年のプレスなので、まだまだMONO盤も流通している時期ということもあり、この盤はMONOプレスとなります(それでもSTEREO盤に較べると圧倒的に少ないので結構珍しい)。しかもキレイ!。ちなみに再発でもSTEREOとMONOだと買取価格が違うので、気になる方は、ぜひご連絡ください。

 ↓再発は住所が違います。オリジナルは47WEST61STですが再発盤は43WEST63RD AVEとなっております。その他デザイン変更がちょこちょこ。

47W63RD STから43W61STまで徒歩5分。引っ越しが楽ですね。

↓ラベルは紹介したとおりLIBERTYラベル。この後からBLUE NOTEの定番デザインが消えていきます。

LIBERTY盤にも愛を注ぐ、セタガヤレコードを宜しくお願いいたします。