メニュー

微妙なジャケットの違い – ONENESS OF JUJU / African Rhythms

微妙なジャケットの違いで値段も変わる?!

オリジナル盤、セカンド・プレス、再発などなど、同じタイトルでも様々な盤が存在するのがレコード好きや収集家にとって面白味の一つであると同時に、一歩間違うとアレ?これオリジナル・プレスじゃないじゃん!ガッカリなんてことになることも。

今回は、初級編としてその違いがかなり分かりやすいタイトルをご紹介!現在も現役で活動するサックス奏者ジェームズ“プランキー”ブランチが率いたバンド=ワンネス・オブ・ジュジュが1975年にリリースした、レアグルーヴの金字塔アルバムとして有名な『African Rhythms』。このアルバムはリリース年の1975年にレーベルBlack Fireから2種類リリースされています。まさしくアフリカンでリズムな民族化粧が印象的なインパクトあるジャケットが目を惹きますが、そこに目を取られていると落とし穴が…よく見ると枠がないものと、枠がないものがあるではないですか。

ファースト・プレス

セカンド・プレス

だいたいこの手のジャケット変更は、何かと修正、補正されたものが後プレスとなることが多く、言わずもがなで本作も枠がない方がファースト・プレスとなります。ジャケットの違いだけで分かるので、これは簡単ですね。

ちょっとした違いを素早く的確に認識すること、これも査定を行うにあたって大変重要な点であり基本となり、私たちは探求心を忘れずに常々勉強しております。ぜひ違いの分かる査定師が集うセタガヤレコード・センターにレコードをお送りください。