メニュー

優秀録音の世界 – 第3回 ゲリー・カー/ジョスランの子守唄

オーディオ愛好家、とりわけリファレンス・ディスクにLPを選択される方を虜にし続ける優秀録音盤。
弊社の買取で入荷したクラシックLPを中心としたタイトル、そして長岡鉄男氏推薦盤やTASリスト掲載のLPレコードをご紹介して参ります。

レーベル:FIREBIRD(キング・レコード)
タイトル:ジョスランの子守唄 – 神技のコントラバス
演奏:ゲリー・カー/ハーモン・ルイス

米ロサンゼルス出身のコントラバス奏者。
チェロよりも更に低い音域となるコントラバスの初のソリストとして活動。ソロ楽器として明瞭さに欠けたコントラバスを、ヴァイオリン用の松脂へと変更し、奏法を工夫することによって克服することに成功しました。
また、来日公演(大阪ザ・シンフォニー・ホール)で披露した朝比奈隆氏とのドヴォルザーク/チェロ協奏曲は、今回ご紹介する作品と同じFIREBIRDより発売され現在でも人気の1枚です。

今回ご紹介する【ジョスランの子守歌 – 神技のコントラバス】は、1983年に兵庫県の宝塚ベガホールにて録音。
伴奏はハーモン・ルイス。

タイトルにもなっているゴダール【ジョスランの子守歌】や、グラナドスの【インテルメッツォ】等、小品集で構成された1枚。
コントラバスの重低音はオーディオ・チェックにも最適。しかも録音が日本国内ということで、海外の方からも人気の1枚となっております。