SETAGAYA RECORDS CENTER

セタガヤレコードセンター

メニュー

レコードの査定を依頼する際に写真を撮った方がいい?【高価買取】【出張査定】

先日お問い合わせ頂いたお客様から「レコードの査定をしてほしいんだけど、写真を撮って送った方がいいですか?」というご質問を頂きました。

買取をご依頼頂く際、レコードの詳細を説明するのは詳しい方でないとなかなか難しいものですよね。

例えばご家族のレコードを譲り受けて、それを整理する場合は何がなんだか分からないでしょうから、レコードの詳細を説明するよりもプロに見てもらったほうが早いと思うことでしょう。

セタガヤレコードセンターではレコードの写真を撮って送って頂ければ無料で「仮査定サービス」を承ることが可能です。

「このレコード、歌手名も読めないしタイトルも分からない…でも事前に査定してほしい」

そう思ったら、写真を使った仮査定サービスをぜひご利用ください。

写真の送り方

スマホなどでレコードの写真を撮って頂いたら、データの送り方は2種類あります。

まずはメール。下記メールアドレスまで写真を添付して送信ください。

その際に「仮査定希望」という旨を必ずお申し付け頂けますと幸いです。

info@setagayarecords.co

次にLINEです。

LINEでは連続した写真の送付がとても簡単に出来る為、多くの写真を撮って頂いている場合はLINEでお送り頂くことをオススメしております。

そのままLINE上でお申し込みまでスムーズに進むことも出来ますので、ぜひこの際にセタガヤレコードセンターのオフィシャルLINEアカウントを友だち登録してみてはいかがでしょうか。

※いずれの方法も、仮査定のご返答には2~3営業日頂いております。また枚数によっては更にお時間を頂く場合もございますので予めご了承ください。

送る写真は1枚だけでいいの?

お写真をお送り頂ければ仮査定金額をご提示することは可能ですが、確実な買取金額を断定することは出来ません。

例えばジャケットの写真を一枚撮って頂いただけではレコードの正確な価値が分からず、レコード盤のラベルや、ジャケットの細かな仕様、付属品の仕様などを全て確認した上で、更に状態を直接見極める必要があります。

ジャケット表側の写真1枚のみですと国内盤か輸入盤かの断定も難しいという場合もある為、更に詳細な査定額をご希望の場合は、何枚か追加でお写真をお願いする場合もございます。

セタガヤレコードセンターでは様々な方法で「レコードを売りたい」とお考えのお客様のご要望を叶えます。

上記以外の方法でも、郵便やFAXなど柔軟にご対応可能ですのでお気軽にお申し付けください。

そして仮査定結果に満足頂けましたら、ぜひセタガヤレコードセンターにレコードをお売りください!

皆様のお問い合わせお待ちしております!