【みんなの売却体験談】レコードの買取で失敗した話

レコードを売りたい、買取に出したいと思い立ち売ってみたはいいものの「あれ、思ってた結果と違うな」と感じ後悔したという人も多いようです。

弊社にご依頼頂くお客様の中にも、レコードを売るのが2回目3回目である方も少なくなく、出張買取や店頭買取の際にお客様に直接お話をお伺いすると
「レコードの買取で失敗した体験談」をお聞きすることも多くあります。

今日はお客様から直接頂いた体験談の中からいくつかご紹介した上で、弊社としての見解も付け加えて、失敗してしまった原因や解決法を考えてみたいと思います。

レコード100枚を売って100円だった話 Aさん 東京都 30代女性

親が若い頃からクラシックのレコードを集めていたのですが、入院を期に譲り受け整理することに。

とりあえずお試し感覚で100枚売ってみようとネットで検索した店に電話すると「その枚数だと着払いで送って」と言われました。

送ってから3週間も経ち、やっと査定結果の連絡が来たので聞いてみるとなんと100円…。

1枚1円ですとだけ言われて、それ以上何も教えてもらえず。

私もどんなレコードがあったのか覚えてなかったのでしょうがなく渋々売りましたがとても後悔する結果となってしまいました。

セタガヤレコードセンターの見解

レコードを売ったときの失敗談で一番多いのは「買取額が安かった」ということですが、これに関しては品物の希少価値次第で、もちろん安くなるレコードは世の中に沢山存在するのでしょうがないのかもしれません。

ただ、100枚で全部が全部1円ということはないでしょう。
厳密に言えば、全部が1円付くということもないのかもしれませんし(レコードは物によって全く値段がつかず処分するしかないレベルのものも存在します)、少なくともこの場合はしっかり査定をしてない可能性が非常に高いかと思われます。

ただ、クラシックのレコードに関しては安いレコードが他ジャンルに比べて比較的に多かったり査定が難しいことから、安く買い叩かれる事案も多いようです。

実際この方は残りのレコードを弊社に依頼頂きましたが、国内盤クラシックレコードの中にもいくつか高音質盤や希少なドイツ盤タイトルなども含まれており、おそらく最初に売られた100枚の中にもお値段が付くレコードがあった可能性もあります。

Aさんの一番の失敗は、買取に出したレコードがどんな物があったのかを把握していなかったことかもしれません。

売った物がなにかわからなければ、査定結果がおかしいと思ったときにも反論することは出来ません。

せめて「これはもしかしたら高いかも?」と思ったレコードは何枚かでもメモに控えておいた方がよいかもしれませんね。

ただ、そんなことをせずとも安心して買取を依頼出来るお店に巡り合うのが一番なのですが…

ぜひ次回もセタガヤレコードセンターをご利用頂けることを願っています。

同じレコードでも店によって倍以上買取額が違った話 Bさん 神奈川県 60代男性

長年のコレクションで1000枚ほど持っていましたがすべて買い取って頂きました。

その中でいくつかのタイトルは同じ型番で2枚ずつあり(当時は視聴用と保存用で買いましたがあまり聴かず状態も似たりよったり)。

どこに売るか決めかねていたので、先立って2枚あるタイトルを1枚ずつ別の店に持って行くという方法を取り、買取額が高かった方に決めようと考えました。

結果、片方の店では100円買取、世田谷さんは500円買取。

世田谷さんに売ることにしたわけですがこの差はなんだったのでしょうか。

セタガヤレコードセンターの見解

レコードの買取をお考えの方の中には「相見積もり」という方法を検討する方も多いことでしょう。

複数のお店に見積もりを依頼し、高かった方を選ぶという方法です。

これ自体は非常に賢い方法であり、むしろこれは成功談とも言えますね。

買取が100円と500円で差がついたのは、まず第一に何を基準に査定額を設定しているかが問題となってきます。

お店がレコードを買い取った後はもちろん売らないといけないわけで、どこでどう売るかで価格が大きく変わってくるレコードという商品の性質上、どんな売り方をするのかでお店の力が非常に問われます。

一番わかり易いのは、国内相場と海外相場、どちらを基準にしているかです。

例えば弊社では海外オークションや各国への直のコネクションを駆使することで、国内のフリマアプリや中古販売サイトで出ている価格の何倍もの価格で販売することも可能です。

そのため必然的に買取額はそれに比例して高額となるわけです。

あとはお店によっては在庫の流動性が悪い(販売数が少ない)と、すぐに在庫過多となってしまい抱えられなくなってしまう分、買取額を安くするということもあるようです。

例えば弊社では毎月数十万枚以上の買取数があり、同じだけ販売していますので、在庫数に関係なく最新の中古相場を元に買取額をつけることが可能です。

レコードの中古価格は変動することもある為、買い取ってから販売するまでのスピードも大切となってきます。

このような要素が影響して、前述したお店では買取額を100円しか付けられなかったのかもしれません。

唯一、Bさんの体験談にアドバイスさせて頂くとしたら、予め「仮査定」という方法を使ってお店に足を運ばずともある程度の値段を把握した上で買取依頼をするのも一つの手です。

弊社では完全無料で1枚から仮査定のサービスを行っております。

アーティスト名とタイトル、型番、国内盤であれば帯の有無をご教示頂ければ、おおよその買取額をお伝えしますので、ご自宅にいた状態で買取店の比較が行えるかと思います。

まとめ

人生において、レコードを売るというのはあまり何度も行うことではないのかもしれません。
大切なコレクションを整理する際に、1枚ずつ色んな店に売っていては時間もかかってしまいますし、ほとんどの方は1回で全部売り切ってしまうことでしょう。

だからこそ、失敗はしたくないですよね。

セタガヤレコードセンターではこのように直接お客様とのコミュニケーションで様々な体験談やご意見を頂き、それをしっかりサービスに反映出来るよう日々心がけております。

お客様の「なんで?」「どうして?」という部分を一つずつしっかり解消し、明確なご説明とともに、「NO.1高価買取」を実現しております。

このような積み重ねが、2020年度の”レコードお客様満足度NO.1 10部門受賞”に繋がっていると思っております。

ぜひ様々なお客様の体験談もご参考頂いた上で、一度お電話を頂けますと幸いです。

お客様の大切なレコードに関するお悩みに誠心誠意お応えさせて頂きます。

お持ちのお品物のタイトルや型番を入力すれば買取価格をお伝えします!

セタガヤレコードセンター 問い合わせページ

セタガヤレコードセンターをご利用頂いた多くのお客様から体験談を頂いております。

お客様の声

レコード買い取りサービスのご利用について

すぐに無料で査定します!

買い取れないジャンルはございません
お気軽にご連絡ください

0120-575-577 お問い合わせ・予約フォーム