オーディオはいくらで売れる?買取価格と高く売るためのコツを紹介

レコードを売却するためいらなくなってしまったターンテーブル。
新しいものに買い替えたために使わなくなってしまったスピーカー。
皆さまは不要になってしまったオーディオ機器をどのように処分しようとお考えでしょうか?

処分の方法には、
・ゴミとして引き取ってもらう
・友人や知人に譲る
といった方法が挙げられますが、オーディオ機器もレコードと同様「売却する」のが最も良い方法です。

しかし、売却するといってもどこに売るのが良いのでしょうか。
この記事では、オーディオ機器はどこで売るのかや、オーディオ機器を売る時のポイントを解説します。

オーディオ機器は高く売れます!

ターンテーブルやスピーカー、アンプなどのオーディオ機器はモデルによって1台1台音の聞こえ方が異なります。
例えば、同じメーカーから発売されているスピーカーでも、音の響き方や得意な音域などが全く違います。そのため、同じ曲でもスピーカーによって雰囲気や聞こえ方が異なってくるのです。モデルによって音の聞こえ方に特徴があるので、今では古くなってしまったモデルでも「手に入れたい」「買いたい」と思っている方は一定数いらっしゃいます。
また、今では製造されていないオーディオや、古いモデルのオーディオは希少価値が高いため、高値で売れることが多くなっています。
需要があるモデルや希少価値が高いモデルもあるので、不要なオーディオ機器があるのであれば捨てるのではなく、ぜひ査定をご依頼ください。

セタガヤレコードセンターはオーディオだけでなくレコードや楽器も一緒に売却できる

業界トップクラスのレコード専門の買取店「セタガヤレコードセンター」であれば、オーディオ機器と一緒にレコードや楽器もお売りいただくことができます。オーディオを買い取ってくれるお店とレコードを買い取ってくれるお店を別々に探すのは大変ですし、手続きも2回に分けなければいけないので面倒ですよね。
セタガヤレコードセンターであれば、オーディオ機器・レコード・楽器をまとめてお売りいただくことができるのでとてもお手軽です。
ぜひ、オーディオ機器やレコードの売却をお考えの方はセタガヤレコードセンターにご相談ください。

高額で買取ってもらえるオーディオ機器の一覧

オーディオ機器の中にも、高額で取引されているモデルやメーカーがあるので、こちらでご紹介します。

【ターンテーブル】の高額買取

定番機種である「TECHNICS SL-1200」や高級機種として知られている「MICRO」や「GARRARD」が高額で取引されております。ここでは、高額買取が行われている機種をご紹介します。
◉TECHNICS SL-1200
Technics SL-1200GLD  〜150,000円

◉MICRO
MICRO RX-5000/RY-5500  〜200,000円
MICRO RB-1500,RY-1500D+FR-64S  〜200,000円
MICRO SX-777AIR  〜150,000円

◉GARRARD
Garrard 301  〜100,000円

【アンプ】の高額買取

アンプでは、「LUXMAN」や「Mcintosh」、「Accuphase」といったメーカーのものを高額で買い取っております。
◉LUXMAN
LUXMAN M-700U  〜200,000円
LUXMAN C-700U  〜200,000円
LUXMAN C-10ⅡCustom  〜200,000円
LUXMAN L-590AX  〜100,000円
LUXMAN MB88  〜100,000円
LUXMAN L-507uX  〜100,000円
LUXMAN MB88 ultimate  〜100,000円
LUXMAN SACD D-06  〜100,000円
LUXMAN M-600A  〜100,000円
LUXMAN C-600f  〜100,000円

◉Mcintosh
Mcintosh MC452  〜300,000円
McIntosh MC602  〜300,000円
McIntosh MA6900  〜200,000円
Mcintosh MC275  〜200,000円
McIntosh MC2102  〜200,000円
McIntosh MC240  〜180,000円
McIntosh MCC602TM  〜150,000円
McIntosh MC2600  〜150,000円
McIntosh MC252  〜150,000円
McIntosh C22  〜150,000円
McIntosh MC2500  〜130,000円
McIntosh MA6300  〜130,000円
McIntosh D100  〜130,000円
McIntosh MC202  〜100,000円
McIntosh MC240  〜100,000円
McIntosh MC30  〜150,000円

◉Accuphase
Accuphase E-305  〜100,000円

【スピーカー】の高額買取

スピーカーの中でも「TANNOY」や「JBL」、「B&W」などは比較的高額での買取が多い傾向にあります。
◉TANNOY
TANNOY KINGDOM 12  200,000円

◉JBL
JBL 4345  150,000円
JBL 4343WX 4way  100,000円

◉B&W
B&W 802 Diamond  400,000円
B&W 805 diamond  200,000円
B&W Silver Signature 30  150,000円
B&W Nautilus 804  100,000円

◉その他
YAMAHA FX-1  200,000円
TANNOY KINGDOM 12  200,000円
MONITOR AUDIO PL100  100,000円
ALTEC MODEL 515B  100,000円

オーディオを高い価格で買取ってもらいたいならプロに任せる

オーディオ機器はモデルによってそれぞれ特徴がございます。中には、コレクターの間で人気が高いものや、何十年も前に発売されたモデルのオーディオ機器なのに価値が高いものも存在します。
オーディオ機器の査定では
・お客様のオーディオ機器が市場でどのように評価されているのか
・お客様が持ち込んだオーディオ機器にどんな特徴があるのか
を把握した上で査定いたします。

また、オーディオ機器の査定では、動作確認や状態の確認も行います。精密機械なので、扱いには十分注意しなければなりません。
そのため、オーディオ機器をお売りいただく際には、プロに任せるのが最も良い方法です。オーディオ機器のプロならば、オーディオ機器の市場にも精通しており、機器にも詳しいので安心して査定をご依頼いただけます。

リサイクルショップは避ける

オーディオ機器はリサイクルショップでもお売りいただくことができます。リサイクルショップは敷居も低く、手軽に依頼しやすいとお考えのお客様も多いのではないでしょうか。
しかし、リサイクルショップではオーディオ機器に詳しいスタッフが査定しているとは限りません。そのため、価値が高いオーディオ機器でも安く買い叩かれてしまうといったことも考えられます。
できるだけ高値でオーディオ機器を買い取ってもらいたいのであれば、リサイクルショップは避け、オーディオ機器のプロに買い取ってもらうことをオススメします。

オーディオを高く売る4つのコツ

オーディオ機器をお売りいただく際にこれからご紹介する4つのコツを押さえていただくと、さらに高くお売りいただける場合があります。

付属品や説明書を揃えておく

オーディオ機器の買取で大切なポイントは「できるだけ新品の状態に近づける」ということです。オーディオ機器に本来ついているはずの付属品や説明書が不足している場合、商品としての価値が下がってしまうため、高値で買い取ってもらうことができなくない場合がございます。付属品・説明書・外装のケースなどはできる限り揃えていただくと、さらに高値でお売りいただくことができます。

買取実績や価格を紹介しているお店に依頼する

オーディオ機器を買い取っているお店はたくさんありますが、中でも買取実績や価格を紹介しているお店は信頼できると考えて良いでしょう。公正な買取を行っていなければ、買取実績や価格を紹介できませんよね。買取実績や価格を紹介しているお店は公正な買取を行っていることが多いです。オーディオ機器をお売りいただく際は、買取実績や価格を紹介しているお店にご依頼いただくと納得のいく売却をしていただくことができます。

関連アイテムなどをまとめて一緒に売る

オーディオ機器をお売りいただく際にオーディオ機器単体でお売りいただくのではなく、コード類やカートリッジ類もお持ちいただくと、高額でオーディオ機器をお売りいただける場合がございます。
オーディオ機器の買取を行っているお店の多くで、まとめ売りのキャンペーンやサービスを行っています。中には、買取金額がアップするお店もあるようです。
オーディオ機器を売るならコード類やカートリッジ類もお持ちください。コード類やカートリッジ類にも、レコード・CD・DVDや楽器などもまとめ売りの対象になっている場合があります。お店に行く前に、キャンペーンやサービスもチェックしておくと良いかもしれません。

劣化する前に早めに売る

ご自宅での保管状態が悪いとオーディオ機器は劣化しやすくなってしまいます。いくら価値があるものとはいえ、劣化してしまうと高くお売りいただけない場合がございます。使わなくなってしまったオーディオ機器があるのであれば、なるべく早くお売りください。

オーディオを売るなら出張買取がオススメ

オーディオ機器を売却する際「どうやってお店まで持って行くか」という問題もありますよね。
オーディオ機器は大きいものが多いので、電車やバスを利用してお店までお持ちいただくのはとても大変だと思います。車をお使いいただいた場合でも、自宅から運び出すのは大変です。
オーディオ機器の買取では「出張買取」がオススメです。出張買取ではスタッフがお客様のご自宅まで伺いオーディオ機器を査定します。査定金額にご納得いただければ、その場でお支払いも行っております。
出張買取のメリットはご自宅にいたまま買取を行えるという点です。大きなオーディオ機器を持ち出す必要がないので、手間なくオーディオ機器の買取を進めることができます。

セタガヤレコードセンターは出張料や手数料が完全無料でご利用できます

セタガヤレコードセンターでは、オーディオ機器の出張買取を承っております。当店では出張買取に発生する「出張料」や「手数料」は一切発生いたしません。完全無料で出張買取をご利用いただくことができます。
また、セタガヤレコードセンターの出張買取は全国対応です。地方にお住いのお客様でも買取をご依頼いただけますので、気軽にご連絡ください。

オーディオを買取ってもらう時の注意点

オーディオ機器の売却には注意点もございます。オーディオ機器をお売りいただく際には注意点も押さえておくとスムーズに売却することができます。

オーディオの状態によっては価格が低くなることもある

オーディオ機器の保存状態が悪い場合、買取価格が低くなってしまうことも考えられます。オーディオ機器には古いものも多く、中には再生できなくなってしまっているものも多くあります。再生できないオーディオ機器や状態が悪いオーディオ機器は買取価格が低くなってしまうことがあるのでご注意ください。

下手に清掃や修理をしない

オーディオ機器をお客様自身で修理する、解体して清掃するということを行ってしまうと、オーディオ機器が劣化してしまうことにもつながりかねません。
表面についた埃を払う・汚れをふき取るといった程度であれば問題ありませんが、修理をしたり清掃したりしてしまうと元の状態に戻らなくなってしまうことが多いです。

オーディオ買取の価格についてまとめ

使わなくなってしまったオーディオ機器はゴミとして処分してしまうよりも、売るのがオススメです。オーディオ機器は需要があるだけでなく、希少価値があるものも多いのでゴミとして捨ててしまうのは非常にもったいないです。

オーディオ機器をお売りいただく際、お店選びも非常に重要です。
リサイクルショップは手軽に売れるというメリットがありますが、レコードに関する専門的な知識があるとは限らないため、価値のあるレコードを見落としてしまうことがあります。
オーディオ機器を売却していただく際は専門的な知識があるプロに任せるが良いでしょう。納得のいく価格でオーディオ機器を買い取ってもらえます。

セタガヤレコードセンターでは、レコードだけでなくオーディオ機器の買取も行っています。レコードとまとめてオーディオ機器をお売りいただけます。

セタガヤレコードセンターでのオーディオ買取では、宅配買取や出張買取がオススメです。オーディオ機器をお店までお持ちいただく手間がかからないので簡単にオーディオ機器をお売りいただけます。

オーディオ機器を売りたいとお考えのお客様はぜひ、お気軽にご相談ください!

レコード買い取りサービスのご利用について

すぐに無料で査定します!

買い取れないジャンルはございません
お気軽にご連絡ください

0120-575-577 お問い合わせ・予約フォーム