メニュー

セタガヤレコードセンター
期間限定レコード30%アップキャンペーン
期間限定レコード30%アップキャンペーン

【レコード豆知識】帯はあった方がいいの?

そもそも帯とはなにか?

 ↑はい、コレです。

色々なレコード屋さんの高額買取レコード表を見ていても、必ず文章の中に「帯付き」という言葉が登場しますよね。レコード業界では当たり前のように使っている「帯」という言葉ですが、そもそも帯とは何なのでしょうか?
本もそうですが、日本では昔から商品単体に帯というものが付きます(本だと横巻、レコードだと縦巻に付いてます)。上の画像のように、レコードの帯にはアーティスト名やアルバム名がカタカナで記載されているケースが多いですね。

帯は日本独自の文化

レコードの帯は日本のレコード業界が独自に製作したもので、1950年代にリリースされたレコードから付くようになったと言われています。邦楽のレコードならジャケットの情報は日本語で書かれているので内容が判別できますが、洋楽のレコードにはジャケットのどこにも日本語表記はありません。それに、今では有名なアーティストやバンドも、デビュー当時は無名の新人。そんな彼らを音楽ファンに売り込むべく、販売促進ツールとしての大きな役割が帯にはあったのです。どうすればヒットするのか――当時のレコード会社のA&Rや販促担当が想像力をフル回転させて書き上げたであろう鮮烈なキャッチコピーやアルバムタイトルの邦題は、今の我々が見ても独特の熱量と夢を感じさせてくれるものばかり。文字のレタリングなどデザイン性が高いものも多く、帯は日本独自の文化として、CDが登場して以降も受け継がれているのです。

海外からもアツい視線を浴びる帯付きレコード

レコードの帯は、時代を見事に反映したデザインやキャッチコピーが多く、実に魅力的です。とはいえ、帯自体は単なる紙の宣伝物ですから、買ってすぐに捨ててしまう人も多く、帯付きで現存しているものが少ないレコードもあります。古い時代のレコードほどその傾向は強いといえましょう。ゆえに帯付きの中古レコードは需要が高いのです。国内盤中古レコードのプレミア価格買取条件として「帯付き」は基本ともいえ、海外オークションでも「with OBI」と表記されるほど、今やその価値はワールドワイドに定着しています。最近では、海外アーティストのレコードリリースでも、日本の帯を真似て外国語表記のOBIが付いたものを結構見かけるようになりましたね。下の画像のように。日本が生んだこの奇妙な巻紙文化は、世界の音楽ファンの心を掴んでいるのであります。なんとも嬉しい話です。

帯の種類は多種多様!

帯には様々なヴァリエーションが存在します。
特にビートルズのレコードに関しては、その生産時期ごとにかなりの種類の帯が存在しています。最初期のオデオン期、東芝期など、レーベルも変われば帯のデザインも変わるわけですが、まぁその話はまた別の機会にじっくりと・・・

同様のことが各アーティスト、各作品ごとに言えるわけですから、世に存在する帯の種類たるや、とても数えきれません。この数の多さがまたコレクター心に火をつけてしまうんですねぇ。
同じアルバムでも、帯の種類によって数百円 or 数万円と価値が激変するレコードもありますし、極端な話、帯なしでは需要のないレコードなんてものもあったりします。もはや音楽そのものの素晴らしさとは別次元の話で、音楽ファンとしては少々複雑な心境になったりもするわけですが(苦笑)、それほど帯は「物」としてのレコードの価値を左右する重要性をもっているわけで、それはそれで探究し甲斐のある面白い世界なのです。

帯無しって価値がない?

ここまで読んで、「うわぁ・・ウチのレコードにはまったく帯が残ってない(泣)」とお嘆きのアナタ、どうか落胆なさらずに! 帯なしのレコードに価値がないかと言ったら、まったくそんなことはありません。帯があった方が買取価格が高い傾向なのは事実ですが、たとえ帯がなくとも、中古レコードそのものに価値があれば(=レコード自体の希少性が高い)、価値がないどころか高額買取となるものも山ほど存在しています。あくまで「そのレコードがいかに珍しいものかどうか」が買取相場を決めるので、【元々買取相場の安い(=中古市場にたくさん出回っている)レコードの帯付き】と【買取相場の高い(=流通量の少ない)レコード…でも帯なし】だったら、断然後者の方が買取価格は高くなります。

ちなみに元から帯が存在しないレコードというのも結構ありますよ。

まとめ

…というわけで、帯付きのレコードをお持ちの方は、ぜひ帯も捨てずに大切に保管しておいてくださいね。帯はふとした拍子にビリッ…と破いてしまいがちで心臓に悪いので(古いレコードはくしゃみを誘発しやすい!)、OPP袋などに入れて保管しておけば安心です。でも多少の破れや折れは問題ありません。

また、帯なしのレコードをお持ちの方も、気にせずドシドシお問合せください。セタガヤレコードセンターでは帯が無いレコードでも他社の帯付きレコード買取価格と同等レベルで買取が出来る可能性があります!

さらに、帯の希少価値を確実に見逃さないプロフェッショナルによる査定が、あなたのレコード、そして帯の価値を徹底的に見つけ出します。
お持ちのレコード、帯を高く売りたい、ちゃんとした査定をしてほしい、そんな望みにお応え出来るのがセタガヤレコードセンターです。

レコード買取はぜひ当店へご相談ください!
【LPレコード買い取り全国どこでも無料対応!】セタガヤレコードセンターTOPへ