ジャズの人気が急上昇中!

近年インターネットの普及でジャズのレコードの相場も急激に変わりつつあります。一部の和ジャズなどが代表的な例ですが数年前まで二束三文で取引されていたものが今やウン万円という事も決して珍しくありませんしオリジナルと言われる稀少盤の価値は上がる一方です。
セタガヤレコードセンターでは多くのジャズレコードコレクターのお客様とお取引させて頂いておりますが、近年の価格高騰により購入時から比べて非常に高い買取値になったと満足して頂ける方ばかりです。

ジャズレコードの人気

レコードの価格は毎日変化していると言っても過言ではありません。そのような1日1日の激しい相場の変動に対応し正確な買取をするためには、そのジャンルに特化する必要を感じ、弊社ではジャズレコードの買取専門スタッフも在籍しております。
取り扱いジャンルもモダンジャズ・和ジャズ・ジャズヴォーカル・フリージャズ・ビバップ・クラブジャズ・スウィング・モードジャズなど全てのスタイルのジャズに対応しています。セタガヤレコードセンターではジャズに精通した熟練スタッフが貴方の大切なレコード/CDを1枚1枚大切に査定いたします。

レコードには色々な種類があります。特にジャズではプレス時期や国によって多数の型番、パターンが存在しており、有名なMILES DAVIS/KIND OF BLUEひとつとっても米盤オリジナル、それに続く2NDプレス/3RDプレス・・・高音質盤再発各種、日本盤のオリジナル、再発、帯付き帯なし 他にも欧州盤ほか色々な国のプレスなど数十種類のレコードが存在していると言われています。型番だけではなくラベルやマトリクス、ジャケットの仕様でパターンが判別され、それによって大きく上下する取引価格が決まっていきます。
KIND OF BLUE1枚でもこれだけの種類のがあるのですから色々なアーティストのアルバムも実質、各タイトルの数倍以上はレコードが存在していることになります。各レコードがレア盤か否かを見極めるには相当数のレコードを扱う必要がある為、セタガヤレコードセンターでは最低10年は中古レコードに携わったスタッフのみが査定に関われるようになっており、お客様の大切なレコードをしっかりと査定できる環境作りがされています。

ジャズが人気な理由とは?

昔からジャズはレコードで聴くという文化があります。ジャズの全盛期がレコード全盛期だったため当時は当たり前の話だったのですが、その文化が他のジャンルより根強く継承されていると言えます。そのためCDやデジタル音源の世の中になってもレコードの価値が下がらない傾向にあります。
また国内海外問わずジャズレコードコレクターの数が非常に多いのも買取価格が高い理由のひとつです。
ジャズの中でも人気度があり、順番としてはスウィング・ジャズ→フュージョン→モダン・ジャズといった順に買取値段が上がっていきます。買取値が高い傾向に有るものは60年代から70年代の和ジャズ、日本のフリージャズ。キングレーベルや東芝から出ていたBLUE NOTEのレコード。高音質復刻盤、ヨーロッパやアメリカでプレスされた輸入盤のオリジナルなどは現在でも高額で取引されています。
弊社ではレコードを売却される方に安心していただく為ジャズのレコード高額買取リストは全て本サイトで公開しています。

ジャズのレコードを売るならセタガヤレコードセンターへ!

セタガヤレコードセンターでは確実に、どこよりも高い価格でジャズのレコードの買取が可能です。それはなぜか。セタガヤレコードセンターではブルーノートなどのモダンジャズを中心に、欧州での協力な販売チャネルを駆使した高額取引が毎日行われています。即ち買取の段階から高額査定が可能となることを意味しており、お客様のご希望額以上の値段を提示することができるのです。
勿論、国内盤などで買取価格がお安くなってしまうタイトルもありますが、輸入盤オリジナルや国内盤帯付きの希少タイトルでは数千円数万円以上の品も多く存在しております。ジャズのレコード、CDの買取はどこよりも高く買い取れるセタガヤレコードセンターにお任せ下さい!

レコード買い取りサービスのご利用について

すぐに無料で査定します!

買い取れないジャンルはございません
お気軽にご連絡ください

0120-575-577 お問い合わせ・予約フォーム