プロが伝授!お得で信頼できる買取サービス・会社の見極め、選び方

遺品整理や引っ越しなど荷物を整理する際に、家族が昔使っていたレコードや不要になってしまったレコードが出てきたという経験はありませんか?

もう誰も聴かないレコードをおいておくのも勿体無いですし、何より大量のレコードを保管しておくにはある程度の場所が必要です。「この機会に売っておこう」と思っているお客様は多いのではないでしょうか。

調べてみると、レコードを買取ってもらえるところは、意外と多くあります。せっかく不要なレコードを売るなら、少しでも高く買い取ってもらえるところで売りたいですよね。

しかし、インターネット上にはオススメのお店がありすぎる、そもそもレコードに関する知識がないという理由から、この記事を読んでいるお客様のほとんどが、“どこで・どのように売れば高く買取ってもらえるのか”が全くわからないと感じているのではないでしょうか。

そこで、今回はレコード買取専門店を運営している「レコードのプロの視点」から、レコードを高く売るための方法やレコード買取店の選び方を解説したいと思います。これからレコード買取を依頼しようと考えているお客様は、ぜひ参考にしてみてください。

レコードは高額で売れる!

レコードって今でも買っている人はいるのか、と考えるお客様も多いでしょう。ここでは、レコードの需要と価格について解説していきます。

レコードと言われると馴染みがない人も多いかと思いますが、実は今も世界的にレコードを使用している人は多くいらっしゃいます。

レコードはマニアの間での需要が高い

レコードには全く馴染みがないお客様も多いかと思いますが、今でも世界的にレコードを使用しているマニアの方は多くいらっしゃいます。なぜなら、CDやデジタル配信で音楽を聴くことが主流の現在でも、「音質が良い」と評価されるものもありるからです。

また、レコードのほとんどは年代物なので、コレクションとしても集めているお客様も多いです。

レコードは「音質が高く、歴史ある品」として扱われることが多いため、現在でも、しっかりと価値が付いています。

需要が高いので値段がつく

レコードは現在、マニアやコレクターの間での需要が高いので、買い取ってもらう時もきちんと査定され値段がつけられます。

特に、高い価格で引き取ってもらえることが多いのが、流通量が少なく、希少性の高いものです。そのため、流通量の多いものは価格が低くなってしまうことがあります。一方で、レコードのジャンルによって高く売れるものもあります。

レコードを高価買取してもらうためのポイントは3つ

レコードを少しでも高価買取してもらうためにはどんなポイントがあるのでしょうか。ここでは、レコードを売りたい時に、お客様が押さえておくべきポイントを3つ紹介していきます。

ポイント① レコード買取専門店で売ること

レコードを買い取ってもらうためには、専門的に扱っているその道のプロ「レコード買取専門店」に任せるのが安心できる方法です。

なぜなら、レコードは、状態や種類、流通数といったものを基準にして価格が設定されます。そのため、レコードを高額で買い取ってもらうためには、レコードに関する知識を持っていることが必要です。

レコード買取専門店以外にも、リサイクルショップでもレコードは買取ってもらうことはできますが、専門的な知識を持っている人がいない場合がほとんどなので、しっかりと査定をしてもらえないことがあります。

稀に、レコードの相場を調べたり、確認したりして価格を決めているリサイクルショップもあります。しかし、ネットだけでは実際の詳細な相場まではわからないということ、買取後の流通面を考えて査定しないといけないということがあるので、やはり専門的な知識を持っていないと正しく査定できないのがリサイクルショップの現状です。

一方で、レコード買取専門店であれば、知識も十分にあるので、適切な価格で査定しています。

ポイント② 売りたいレコードの買取価格の相場を確認すること

お客様自身が、売りたいレコードの買取価格の相場を知っておくことも高く買い取ってもらうポイントです。

なぜなら、レコード買取において、「知識がないために業者に言われるがままに売ってしまった」「一括の金額で売ってしまったりして、後で損していたことがわかった」という損をしてしまうケースが稀に起こるからです。

買取で損をしてしまうケースは、レコードの相場価格を参考にすることで、査定結果が適切かどうか確認できるので、もしものことが起こっても防ぐことができます。また、圧倒的に低い査定価格の業者を見極め、きちんとした査定を行なっている業者を見つけることにも役立ちます。

レコードの相場はインターネットで検索したり、買取専門店のHPやオークションサイトで確認することができます。セタガヤレコードセンターではジャンルごとに高価買取しているリストを掲載していますので、一度ご覧になってみてください。(※買取リストへのリンクを設置する)

ポイント③ 査定依頼をして実際に比較する

レコードの買取相場はあくまでも目安です。レコードの相場は日々動いており、タイミングによって価格が変わり、実際の金額がどれくらいなのかは査定するまで明確にできません。また、レコードの価格はレコードのコンディションにも大きく左右されるので、きちんとした価格は実物を見てからではないと判断できません。

こういった買取事情があるため、査定をお願いして実際の買取価格で業者を比較することが大切になります。

中には、買取価格の比較サイトなど、インターネット上の相場だけをもとに比較して買取店を決めた時、場合によっては選んだお店より高価買取してもらえるお店を見逃してしまうケースがあります。

より高額買取を行なっている業者を探すためには、相場を候補店を絞り込むための参考程度に捉え、査定金額をもとに比較をすると損をせず、より高額なレコード買取ができます。

プロがオススメするレコード買取業者を判断するときのチェック事項

レコードを高く売るためのポイントとは別に、そもそもレコード買取を依頼する業者が本当に信頼できるのか知りたいお客様もいるでしょう。ここでは、信頼できる業者を見つけるためのチェック項目を紹介します。

スタッフのレコードの扱い方を見る

レコードはコンディションによって価値が変わります。当然、傷があったり、シミがあったりする状態の悪いレコードは価値が下がってしまいます。そのため、レコードのプロとしてはどんな時でもレコードを丁重に扱うことが求められます。雑にレコードを扱っているスタッフがいたり、査定時に粗雑に扱うお店だった場合は、良いお店とは言えない上、査定価格にも影響するので避けるべきです。

丁寧な対応を心がけているかどうか

例えば、査定時に買取価格の理由を説明してくれたり、相場をもとに説明してくれたりするお店は信頼できるお店だと判断できます。特に、レコードに詳しくないお客様にもわかりやすく丁寧に説明している業者は、査定も丁寧に行なっていることが多いです。

支払い、振込が早いかどうか

直接、買取価格に影響することはありませんが、すぐに対応してくれるお店はお客様ファーストである可能性が高く、丁寧に接客・査定してくれる傾向にあります。また、現金が欲しいためにレコード買取を依頼する人も少なくないので、即日支払い、翌日振込をしてくれるところを選択の主軸として比較するのも良いかと思います。

ストレスなく買取ってもらえるか

レコード買取の主な方法として、持ち込み買取、出張買取、宅配買取の3つの方法が挙げられます。この中からお客様に合ったものをお選びいただいています。しかし、業者によっては買取方法に制限や条件があり、希望の買取依頼することが難しい場合もあります。また、持ち込みではなく大量のレコードの買取や査定を依頼した時、どこまで業者側が行なってくれるのかもチェックします。業者が担う作業の量によって、お客様の負担は大きく変化します。

ストレスなく買取ってもらえるかは、買取価格に影響する部分ではないものの、買取価格以上に手間や時間が掛かってしまうのは問題です。そのため、ストレスなく買取ってもらえそうかどうか買取時の判断基準として確認しましょう。

セタガヤレコードセンターでも持ち込み買取、出張買取、宅配買取の3つの方法で対応しております。なるべく多くのお客様に利用してもらえるように、心がけておりますので、参考にしてみてください。(※買取方法がわかるページへのリンクを設置する。)

プロ視点からレコード買取時にした方が良いこと・注意点

他にも、より高くレコードを買取ってもらうためにやっておくと良いことや注意点がありますので、そちらも紹介します。

帯や解説書などの付属品を揃える

より高く買い取ってもらうためには、商品自体の価値を高めることが欠かせません。商品自体の価値は、レコードの付属品にも関係しています。付属品が揃っていることで、より発売当時の状態に近くなるので、商品としての価値が高くなります。そのため。付属品があるかないかで買取価格を分類している業者も多くあるので、付属品はできるだけ揃えましょう。また、付属品の有無だけでなく、状態も価格に関係します。折り目や破れ、汚れがないものは高く買取ってもらえやすい傾向があります。

なるべく早めに売る

レコードの取引において在庫管理はとても難しいのが現状です。なぜなら、コアなファンがいると言っても、市場規模としてはCDに劣ってしまいがちです。そのため、レコードを買い取っても、買い手が見つからないことがあります。さらに、1つの業者で在庫が重複してしまうということもあり得ます。

在庫が重複した場合、在庫管理の問題上、買取価格を下げるという可能性も高くなります。できるだけ高く売るためには、後回しにはせずに売ると決めたらできるだけ早く査定を行い、買い取ってもらいましょう。

自分で補修をしない

レコードの帯やジャケットの汚れや破れを、自分で補修してしまうと、逆に買取価格が下がってしまうことがあります。なぜなら、専門家などではなく、一般の素人が手を加えてしまったことになるからです。

また、補修をしてもうまく行くとは限りません。補修に失敗し、補修前より状態が悪くなってしまったということもありえますので、お客様自身での補修はさけましょう。

宅配買取時の梱包は厳重に行う

ほとんどのレコードは古く、年季の入ったものが多いので、レコード自体が割れやすく傷つきやすいものになっています。梱包時に雑に扱ってしまったり、きちんと梱包ができていなかったりすると、運搬の際や梱包の際に傷がつき商品価値が下がってしまうこともありえます。ですので、宅配買取時の際は厳重に行い、なるべくレコード買取店がおすすめしているレコード専用の梱包キッドを利用するようにしてください。

セタガヤレコードセンターでは、郵送買取をお申し込みのお客様には梱包キットをお配りしています。また、出張買取では、作業を全てスタッフが行います。レコードの扱いに自信がないお客様はご相談ください。

まとめ

レコード買取は何度も経験するものではなく、一度きりの人が多いものです。そのため、少しでも高く買取ってもらいたい、失敗しないようにしたいと考える人が多いかと思います。そういったお客様向けに、今回はプロの視点から、オススメするレコードを高く売るための方法やレコード買取店の選び方を解説しました。

レコードを高く売るためには知識が必要ですが、レコードに関する知識をしっかり理解し、紹介した方法を実践することで、より高価買取をしてもらえる可能性が高くなります。

また、セタガヤレコードセンターでも少しでも高く買取れるように日々努力をしていますので、買取依頼の候補店としてまずはお気軽にご相談ください。

レコード買い取りサービスのご利用について

すぐに無料で査定します!

買い取れないジャンルはございません
お気軽にご連絡ください

0120-575-577 お問い合わせ・予約フォーム